CCSが必要な理由とは?~HTMLとの違い

ウェブページを美しくするcss

htmlで作ったホームページを、自由に美しくする方法があります。cssやjavaScriptなどの他のファイルを作り、組み込むことです。そのうちcssは、比較的書きやすく、ほとんどのウェブページが使っているものなので、htmlを覚え始めたという人にもおすすめできます。
cssを使うことで、見た目を整えることができます。今までは、縦に順番に書いていたコンテンツが、横に並べられるようになりますし、応用すれば、動くホームページなど、様々な面白いホームページを作ることができます。また、スマートフォンに対応したホームページを作るのにも使うことができ、スマホユーザーのウェブページ訪問者を増やすことにも繋がります。

cssの基本的な書き方

cssはhtmlファイルの中に、styleタグを作って書くこともできれば、外部ファイルとして、css単独のファイルを作り、それを取り込むこともできます。特に、外部ファイルを取り込む方法は、おなじcssを複数のhtmlで使いまわしできるので、おすすめです。cssを書くときは、htmlの中に、divやspanなどで囲った中に、idやclassを設定して、その範囲にcssを適用します。cssはhtmlと比べても、覚えることが少ないです。パターンさえ覚えれば、インターネット上に書いてあることを理解出来ます。
cssを使えば、様々なことができます。インターネットで調べれば、意外に思うくらいハイレベルなことができるので、試してみてください。